Press "Enter" to skip to content

サックスを始めたい方!知っておきたい基本情報!

意外と新しい楽器?サックスはこんな楽器!

サックスは1840年代にベルギーのアドルフ・サックスによって作られた金属製の木管楽器です。認知度も高く、男女共に人気のある楽器で、初心者でも比較的吹きやすく演奏の仕方も覚えやすいです。材料は主に真鍮が使われていて、仕上げに使用する素材によって音色が異なります。高音から低音まで奏でられる音の幅が広く、木管楽器の中では一番大きな音を出すことができます。演奏しながらパフォーマンスをするマーチングバンドでも見かける楽器です。

サックスの代表を4つ!一番小さいのは?

サックスは9種類あり、特によく使われるのはソプラノ・サックス、アルト・サックス、テナー・サックス、バリトン・サックスの4種類です。ソプラノが一番音が高く、バリトンが一番低い音になります。また、ソプラノが一番小さく軽く、バリトンが一番大きく重い楽器です。アルトとテナーがよく使われますが、ソプラノ・サックスは軽いので女性の方も使いやすいでしょう。重いサックスを運ぶ時は、キャリーカートなどを使うなどの工夫をすると良いです。

自由自在!サックスの魅力!

吹奏楽などではよく見かけるサックスですが、ポップスやジャズ、ロックなど、様々なジャンルの音楽とも相性の良い楽器です。サックスは表現力が豊かな演奏が可能で、静かなメロディーを奏でることも、激しい音で存在感を出すこともできます。伴奏だけではなく、ソロパートも充実していて、ソロでは注目度も高い楽器です。座って演奏をすることもでき、バンドとしても、ソロとしても楽しめます。音が大きいので練習場所に悩むところですが、教室も充実しており、スタジオなどを借りて練習することもできます。

サックスとは金属製木管楽器の一つで、吹奏楽やジャズには欠かせない楽器です。幅広い音楽を演奏することができ、主役になれる存在感を有しています。